健康が気になる人のための健康情報サイト

健康情報サイト【ヘルスケアバケーション】

健康法

老化を防ぐ!?話題のアンチエイジング!

投稿日:

今話題のアンチエイジング健康法のご紹介です。アンチエイジングとは、老化を遅らせるということです。

お金をかけて、高価なサプリメントや化粧品を使って若作りするのではなくて、栄養バランスのとれた食事をとって、適度な運動をして汗をかき、ぐっすりと良い睡眠をとるということで、充分アンチエイジング健康法で若々しさがよみがえるのですよ。

アンチエイジングとは?

・老化とはどうやって起こるのでしょうか。
①活性酸素とは
老化には色々な原因があるのですが、まず第一活性酸素の余剰が原因とされます。
活性酸素というのは、人間の体の内部で発生して、外部から侵入した細菌やウイルスを攻撃する大事な役目があるのですが、
これが過剰になると、正常な細胞を酸化させて、さびつかせてしまうという、やっかいな存在でもあるのです。
なので、活性酸素が増えると、シミやしわの原因になるだけでなく、生活習慣病やがんの発生にもなりかねないのですね。
②体内の余分な糖分がたんぱく質と結びついて糖化する
活性酸素と共に、老化促進の原因要因となるのが、糖化です。
活性酸素は細胞が酸化してさびつかせるのですが、糖化は、コゲると言われるんです。
人間の体内の余分な糖分がたんぱく質と結びつくと、終末糖化産物(AGE)という、老化促進物質が発生するのです。
糖化が進めば、やはりシワやシミ、くすみなどの肌の老化のうえに、動脈硬化なども起こりがちになってきます。
➂遺伝子の変化
正常な細胞というのは、加齢やそのほかの原因で分裂、増殖を繰り返していくうちに遺伝子が変化して異常細胞になると、体の機能が低下してきます。
遺伝子が損傷すれば、老化促進させるだけでなく、生活習慣病のリスクを高めるのですね。
遺伝子を損傷させる原因は、ウイルスのほかには毒性の強い活性酸素もかかわっています。
④ホルモンの減少
身体機能の低下と共に、肌の老化を促進する原因となるのはホルモンの減少です。
加齢とともに40代以降になれば、女性ホルモンが大幅に減少してお肌のコンディションが悪くなります。
なかでもエストロゲンの減少が、肌のハリやツヤに関わるコラーゲンを生成できなくなるので、お肌の老化が進行しがちです。

身近な食べ物をとることでアンチエイジング健康法

老化の速度は適切な食べ物から栄養素を摂取することで、コントロールが可能なのです。
老化の原因となる活性酸素を除去して、体の酸化を防ぐ抗酸化物質が多く含まれている食べ物をとれば、活性酸素の発生を抑え除去することで、老化予防につながるのです。
①抗酸化作用のある栄養素とは
抗酸化作用のある栄養素は、フィトケミカル、ビタミン、ミネラルなどがあります。
フィトケミカルというのは、アントシアニン、ポリフェノール、イソフラボン、カロテノイド、ペクチン、リコピン、セサミン、カテキンなどのことです。
そしてビタミンは、ベータカロチン(ビタミンA)、ビタミンB、C、E、ミネラルなどです。
これらを含んだ野菜や果物をとることで、アンチエイジング健康法となるんですね。
②スーパーフードとは?
スーパーフードとは、ビタミン、ミネラル、抗酸化成分などの栄養素が、高濃度に含まれている食べ物のことです。
アサイー、亜麻仁、マキベリー、チアシード、スピルリナなどの珍しいものだけでなく、緑茶や梅干し、お味噌などもスーパーフードと言われて注目の発酵食品なんですよ。

まとめ

アンチエイジング健康法は、難しく考えなくても、にんじんやしょうが、ホウレン草、パセリ、アルファルファ、ブロッコリースプラウトなど、スーパーで簡単に手に入る野菜を気を付けて摂取して、適度な運動をして、ぐっすり良い睡眠をとることで、老化の速度を抑えるだけではなく、自己免疫力アップで疲れにくく風邪になりにくい体になり、美肌も手に入れられるのです。

-健康法

Copyright© 健康情報サイト【ヘルスケアバケーション】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.